美容皮膚科ではほくろ除去もしてくれる|医療機関だから安心

ドクター

ほくろを消す施術

女の人

皮膚科の切開法とは

ほくろが顔の目立つ箇所に有って、とても悩みを抱えている方は多いです。そんな方の為に、皮膚科では切開法という施術を行っています。これは、気になるほくろを切り開いて、組織ごと取り除く施術です。ほくろの組織をすべて取り除けるので、再発の心配はないです。この切開法は、ほくろが大きかったり、隆起したほくろに最適となります。痛みについて不安に思う方は多いですが、皮膚科では麻酔を行って治療を進めます。なので、全く痛くはないです。切開された皮膚はきれいに縫い合わせるので、傷跡は目立たないです。施術後行った直後は、患部は赤みを帯びた状態なので傷は目立ちます。しかし、抜糸して3ヶ月経過した頃に綺麗な仕上がりになります。

施術後のケア

皮膚科では、切開法というほくろ除去の有効な治療法が有ります。この治療をした後は、患部をきれいに保つためにいくつかの注意点が有ります。まず、再発しないようにきちんと日焼け止めを塗布することです。そもそもほくろというのは、メラニン色素の集まりでできています。なので、ほくろ除去後でも紫外線に当たると、肌のメラニン色素の生成が活発になります。それで、ほくろの色素がまた濃くなってしまう恐れがあるのです。なので、皮膚科でのほくろ除去後も、紫外線が当たらないように過ごすことが大事です。皮膚科では、ほくろ除去後に紫外線からの刺激を抑える薬を処方されます。なので、医師から指導された用法に従って、継続して患部に塗るように心掛けるといいです。

Copyright© 2016 美容皮膚科ではほくろ除去もしてくれる|医療機関だから安心 All Rights Reserved.